常任指揮者


1980年、東京芸術大学卒業。米国カーチス音楽院に聴講生として留学。
ヘルムート・リリンク、湯浅勇二、シューマッヒャー、クルト・レーデル、佐藤功太郎、大友直人、外山雄三氏に師事。
1986年より市川交響吹奏楽団を全日本吹奏楽コンクールにて5年連続の金賞に導いた。
「フィガロの結婚」「魔笛」「トスカ」「ガイーヌ」「カルメン」等の短縮版ナレーション台本、「市川の愉快な仲間達」のオペラ台本全4作を手がけた。
現在ではバッハアンサンブル富士、モーツァルト記念合唱団、葛飾吹奏楽団、慶應義塾大学ウインドアンサンブル、葛飾吹奏楽団、アウローラウインドオーケストラなどの常任指揮者を務めている。また、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉、古楽器で編成されたムジカ・レセルヴィータなどの指揮をした。ニューヨークのアレッシセミナーにてゲストコンダクターも務めた。他、城東福祉センターで音楽公演を行っている。